新車を購入するとき、自動車ディーラーの決算時期が一番オトクだと言われています。それは車を売却するときでも同じです。ほとんどの業者は、3月が年度末決算で9月が中間決算に当たると思います。この2回のチャンスを逃さないようにしましょう。特に、年度末決算は大チャンスです。

なぜ決算時期が有利なのかというと、中古車買取・販売業者は、販売できる車を決算前にできるだけ多く確保しておきたいからです。業者は、中古車を売って儲けます。販売できる車がなければ、売ること、つまり儲けることができません。商売ですから、中古車買取・販売業者も買取や販売の数値目標を決めているはず。

ですから、決算前になると目標(ノルマ)を達成するために必死になるんですね。他の時期なら受け入れてもらえない条件でも、決算前は融通してもらえる可能性があります。そして、高い金額で買い取ってもらいやすくなるのです。

ただし、年度末の3月は要注意。税金や重量税が関わってくるタイミングだからです。3月に入ってしまうと今年度分の重量税が発生するので、損をしてしまいます。大型車をお持ちであれば、なおさらです。できれば2月中に売却しましょう。中には重量税を負担してくれる業者もあるようですし、決算月が違うところもあるでしょう。事前に調べておけば安心ですね。

あと参考程度にお話ししておきますと、需要のあるなしにも時期があります。例えば、雪道や悪道に強い4WDは冬になる前に購入する人が多いので、その頃までに売れば高く買い取ってもらえるでしょう。気温が高くなってくるとオープンカーを求める人が増えるので、オープンカーは春先に売ることをオススメします。

車を売却する側もタイミングを考慮して、賢く売らなければなりませんね。