車を売りたいと思ったとき、車検の時期と査定額は関係あるのでしょうか?

多くの人が、車検を通してから売ったほうが高額査定になると思っているのではないでしょうか。実は、一概にそうとは言えないのです。

車を買い替えるきっかけのひとつとして、車検が挙げられます。車検が近づいてきたから車検前に売りたいと思う人はたくさんいるのです。そこで、車検までもうすぐというとき、車検を通したほうがいいのか、車検を受けずに売ったほうがいいのか、どちらでしょうか。車検が残っていれば、確かに査定額はアップします。ただ車検の費用も決して安くありません。買取価格に車検代までプラスされることはないので、査定前に車検を受けても損をするほうが多いのです。結論として、車検まであまり日がないときは車検を受けずに売ってしまいましょう。

ですが、やはり車検までの期間が残っているほど高く買い取ってもらえます。車を売るコツとして、車検まで1年くらいのときに売るのがベストと言えるでしょう。

では、車検が切れてしまった場合はどうするのか? もう買い取ってもらえないだろうと思いがちですが、決してそんなことはありません。廃車にしてしまおうとするかもしれませんが、廃車を依頼すると、査定をしてくれることはほとんどないと思います。いくらかでも売れるかもしれないのに、逆に廃車の費用を支払うことになるのです。ダメ元の覚悟で、査定をしてもらってはいかがでしょうか。実際、売却される車は車検切れの場合が多いようです。

車検が切れてまだ日が浅ければ、それほど査定に影響はないでしょう。中古車買取・販売業者は、安く車検を行うことができるので問題ないのです。ただ車検が切れてだいぶ経っている場合は、買い取ってもらえないわけではないですが、やはり評価は下がってしまいます。トラブルが隠れているかもしれないという理由もあるでしょう。さらに、車検が切れてしまった車は運転することができないので、大型車に載せるかけん引するかの方法で動かさなければなりません。かなり手間がかかりますよね。場合によっては、費用も発生するでしょう。

上記のことを踏まえ、車検前に売ったほうが賢い選択と言えるのです。しかも、中古車の相場は数日の間で大きく変わることもあるため、一日でも早く売るほうが得策です。