車をぶつけてしまった、事故ってしまったと、車体に大きなキズやヘコミができたら、すぐに整備工場で修理するでしょう。小さなキズであれば、カー用品店やホームセンターなどに補修するグッズが売られているので、それらを利用して自分で直してしまう人もいると思います。

ほとんどの人が、そのようにメンテナンスしながら愛車に乗っています。ただ、そろそろ車を手放そう、買取の査定をしてもらおうというときに、板金修理をしなければならないほど大きなキズやヘコミができたらどうすればいいでしょうか。

答えは「放っておく」です。もちろん大きなキズやヘコミはマイナス評価にはなるでしょうが、せっかく直しても、修理にかかった代金が査定額に上乗せされるわけではないのです。また車によっては、買い取ってもらう金額よりも修理代のほうが高くつく場合もあります。中古車買取・販売業者は車の専門ですから、自分のところで修理できるのです。知り合いなどに安く修理してもらえるのであれば手をかけたほうがいいかもしれませんが、そうでなければキズやヘコミがあることを伝えて、そのままの状態で査定を受けましょう。

日常的についてしまう小さなキズならそれほど査定に影響はないとは思いますが、もしできるのであれば補修しておいて損はないでしょう。ただ小さなキズでも、慣れていない人が補修しようとするとかえってキズを大きくしてしまう恐れもあります。自信がない人は無理に直さず、そのまま査定をしてもらうほうがいいかもしれません。

ちなみに「事故車」といわれる車は査定が低くなりますが、ちょっとこすった程度では「事故車」扱いにはなりません。車の構造(骨格)そのものが変形したり壊れたりしている車、またその部分を修理した車が「事故車」と呼ばれるのです。査定の際には、事故や修理したことを正直に話すようにしましょう。