最近は、日本列島の広い範囲で黄砂が見られるようになりました。黄砂が降ると、すぐに車が汚くなります。そんなときは洗車をする人が多くなるでしょう。

また海に遊びに行ったときや積雪のある地域で融雪剤を撒いた後を走ったときには、できるだけ早く洗車しなければなりません。塩分が車体について錆びやすくなっているからです。水洗いだけでも違ってきます。ときにはエンジンルームも覗いてみてください。そこまでキレイであれば、いかに車を大事にしていたかわかってもらえます。まめに洗車していればキレイに保つことができるので、将来、車を売るときに買取価格がアップする可能性もあります。もちろん査定してもらう前には、洗車を忘れずに!

そのほか、洗車以外にも手をかけられることがあります。細かいキズも錆びや塗装が落ちる原因になることもあるので、こまめに手入れしましょう。ワックスやコーティング加工もオススメです。水アカや汚れ、キズが付きにくくなりますし、ボディがツヤツヤに美しく見えます。ステッカーを貼っている車も多く見られますが、査定に出すときにはシールの跡が残らないようキレイにはがしてください。個性を出して飾りたくなるでしょうが、愛車を高く売りたいのなら、あまり余計なことはしないほうがいいかもしれませんね。

外見だけでなく、当然、室内もチェックされます。車内についたキズは補修しにくいので、できるだけキズをつけないようにしましょう。そうはいっても、使っていればどうしてもキズはついてしまうもの。シートが破けるのを防ぐためにシートカバーをつけるなど、できることは前もって対処しておくことも必要です。汚れたらすぐに掃除する、タバコやペットなどのニオイがつかないように消臭・脱臭するといったことにも注意しましょう。ちなみに、先に車内を掃除してから洗車という順番がオススメです。

きちんと定期的にメンテナンスされている車、外装も内装もキレイな車は、誰が見ても好印象です。買取業者の人だって同じです。車の専門家ならすぐに、この車がどれだけ大事にされていたかわかります。そんな車は状態もいいので、きっと高額査定につながるでしょう。