愛車を売りたいと思ったとき、買取業者を探して、見積もりを依頼することからスタートするでしょう。買取業者も人間ですから、オーナーさんにいい印象を持ったり大切にされてきた車なんだなと感じたりすれば、査定額もアップするかもしれません。

なにより担当者と信頼関係が生まれればいろいろと相談することもできるので、安心感がまったく違ってくるはずです。買取業者に対して、誠実な対応を心掛けるようにしましょう。サービス業なんだから買取業者のほうが誠実になるべきだろうと考える方もいらっしゃるかもしれません。それはもちろんそうですが、車を買い取ってくれる相手です。態度によって査定に大きく影響することはないと思いますが、たとえ短い期間とは言え人間同士の付き合いなのですから、気持ちよくやりとりしたほうがいいですよね。

さて、誠実な対応とは? まずはウソをつかないということです。過去の事故や修理履歴、あるいは車体のキズやヘコミなどは素直に申告しましょう。どちらにしても、相手は自動車のプロです。隠していたってバレるんですから、初めから正直に話したほうがいいに決まっています。ときに、こちらは客なんだと横柄な態度をとる人がいるようですが、こんな人にいい印象は持ちませんよね。また査定額が気に入らなければ文句を言いたくなりますが、そんなときこそ冷静に対応してください。

お金に関わることなので、気に入らないことは買取業者に告げてかまいませんが、感情的になってはいけません。もう一度よく説明してもらい、再交渉するとか、いったん保留にしてもらうとか対処しましょう。

もちろん、買取業者側の態度も重要です。いいことばかり並べ立てたり誠意が感じられなかったりと信用できないなと思えば、お店を変える勇気も必要です。店舗に訪れたなら、お店や整備工場の雰囲気、展示されている車の扱い方や値段をしっかりチェックして、この業者に任せてもいいかどうかの判断材料にしましょう。

誠実な対応と言っても、難しく考える必要はありません。社会人としての礼儀をわきまえていれば問題ないのですから。