自分が大切にしてきた愛車を売るときには、できるだけ高く買い取ってほしいと思うもの。誰もがそうでしょう。業者側は「売れる」車なら多少高くても買い取りたいわけですが、では「売れる」車とは?

中古車を買うなら、できるだけ新しいほうがいいですよね。言い換えれば、年式が古い車ほど査定は下がります。車に乗る人にとっては乗り心地や燃費がいいほうがありがたいし、運転しやすい車がいいでしょう。その時々で人気車種がありますが、やはり人気のある車は高く買い取ってもらえます。最近の車はカラーが豊富ですが、白や黒は根強い人気です。カーナビやETCなどの車内設備、バックモニターやABSなどの安全設備が充実していれば、査定もアップします。

自分がその車種やボディカラーを選んだようにその車が好みの人もいるはずですし、多少古くても値段が安ければ欲しいという人もいます。車種やカラー、設備などは、自分が車を購入するときに参考程度に知っておけばいいのではないでしょうか。それよりも、自分ができることで高額査定になるポイントを知っておきましょう。

それは「キレイに保つ」ことです。ボディにキズやヘコミがあると買取価格が下がるように思いますが、修復すればキレイになるものに関してはそれほど問題ありません。査定前に急いで直すよりも、正直に申告するほうが好印象です。どうしても取れないタバコの焦げや大きなシミはマイナスポイントです。また意外だと思うかもしれませんが、汚れ以上に車内のニオイが査定に響きます。タバコ嫌いの人は、タバコのニオイがついた車には乗りたいと思いません。最近はペットと一緒にドライブに行く人が増えていますが、ペットのニオイもつきやすいのです。

抜け毛にも気をつけなければなりません。日頃からこまめに掃除したり消臭したりすることで、そんな問題も解決できるでしょう。そして一番のポイントは、大切に乗ってきたことが伝わるようにすること。査定前には愛車への感謝も込めて、しっかり洗車してあげましょう。